トラクターとアオサギ

私の名前はとりのとり子。

野鳥写真家の先生のアシスタントとしては、まだまだ未熟だ。

 

今朝、とり子の部屋の、まん前の田んぼを、トラクターが行ったり来たりしていた。

トラクターのあとを鳥たちが歩いて追いかけている。からす、ムクドリアオサギだ。

掘り起こされて出てきた虫を、捕まえては、食べている。

とり子は双眼鏡をのぞいた。じっくりアオサギでも見てみるかな。

アオサギは、慣れているのかトラクターのタイヤのすぐ脇まで接近して、トラクターにぴったり付いて歩く。トラクターの前に回りこむことも。その度に、危ない!ととり子は思うけど、トラクターのおじさんもよく知ってか、アオサギには見向きもしないでひたすら前進。アオサギは上手くトラクターをかわすのだ。

サギは羽がきれいな鳥で、ながい羽は風が吹くとさらさらと揺れる。

先生の個展の作品の中にも、サギを撮った作品がある。

とり子の視線を感じ取ったのか、野生の勘か、アオサギではなく、おじさんの方がとり子の視線に気づいた。あ~、やばい、やばい

おじさん、ちゃうちゃう、鳥、鳥見とるねん!