青野ダム ヤマセミとコーヒー

私の名前はとりのとり子。何をしてもどんくさい。

この私がアシスタントするんだから、拾う神あり、だ。

拾ってくれた神様は、有名な野鳥写真家の先生。

 

5月。暑い。先生から『とり子くん、青野ダムへ行くよ』と連絡が入る。

青野ダムでヤマセミの撮影だ。

約束の3時、先生はもちろんまだ来ていない。あっ、そばの畦でキジが鳴いたわ!

とり子は双眼鏡を持って、外に。

キジは美しい光沢で、草から体を半分だけ見せて歩いていた。

『キジも鳴かずば撃たれまい』ほんとに。とり子、キジ探すの得意なのよね~♪

先生到着。『コーヒー、あるかい』先生に、はい、どうぞと渡したら、先生コップを助手席のいすの上に置いて、『あっ』。安定悪く、助手席にコーヒーをこぼす。

なんでそこに置いたん。。。。

あわててタオルでふいた。

『とり子くん、ぼくが運転するよ』『あ、ありがとうございます』

『おしり、濡れてないかい?』『あ、大丈夫です』 

って、濡れとるわい!!!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/torinotoriko/20170519/20170519083222.png

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/torinotoriko/20170519/20170519083222.png